ジェネリック薬品

製薬会社は現在転換期の一つにいると言われています。

 

薬を作って売っていれば病院が使ってくれるという状況ではなくなったのです。

 

新薬を開発しても、特許が切れると同じ成分を使った後発医薬品、ジェネリック薬品が出てきます。

 

同じ成分なら、同じ効果があるだろうということで後発医薬品は先発医薬品より安く販売してシェアの拡大を狙っています。

 

現在、医薬品は様々な種類があり、飲み合わせによって同じ作用の薬でも副作用のない薬を選んだり、薬価を考えて、同じ効果なら安い方を選ぶことが出来るようになってきているのです。

 

医師としては、同じ成分があるから同じ効果があると考えられるというのには疑念を抱いている人もおり、製造方法によっても医薬品に違いが出るのではないかと考えている方も多く、すぐには安いものが取ってかわる状況でな無いようです。

先発医薬品とジェネリック薬品

先発医薬品のメリットは何と言っても副作用等の調査が充分に行われている点で、ジェネリック医薬品には先発医薬品の効果があると思われるだけで、副作用の調査等は充分にされておらず、安全性の分だけ安くなっていると考ている医師もいるようです。

 

安さを取るか、安全性を取るかを患者自信が選ぶと安さに偏りがちですが、人の命が掛る問題であるとやはり安全性を選ぶのが医者であるようです。

 

製薬会社は現在新薬を開発が続けていますが、ジェネリック薬品専門の製薬会社等もあり、タイプも様々な製薬会社が出てきています。

 

外資系の製薬会社も数多く参入しており、日本に古くからあった製薬会社が生き残るためには製薬会社は新薬開発だけでなく、ジェネリック薬品や海外進出等も重要な問題になっているようです。

 

製薬会社に転職するならば、その製薬会社は先発なのか後発なのか等も調べておくといいでしょう。


このページの先頭へ戻る