病院の協力により行われる

 製薬会社において、臨床試験は自分の所属する企業だけでなく、臨床試験を実施する病院をはじめ、様々なところと協力してはじめてすすめることが出来るものになっています。

 

臨床開発に転職したいと考えている人は、何らかの形で医療の現場にかかわっていたことがある人が多く、製薬会社の臨床開発部門への転職は少なくありません。

 

特に臨床試験の実施を行っていた人は経歴やスキルを買われて転職に成功している人がいるようです。

 

実際の臨床試験ではまず臨床試験を行う病院選びからはじまります。

 

病院選びのいかんによってはその病院にいる先生等も変わりますし、患者も異なっていますから、とても大切なことです。

 

臨床試験の試験開始前の準備や専門の先生方への相談によってプロトコールが出来るのですが、多忙な先生方の協力を得ることは臨床開発において大きな力になっています。


コミュニケーションスキルは重要

製薬会社の臨床開発は製薬会社だけでなく、外部との協力が重要な部署といえるでしょう。

 

このため、製薬会社の他の部署と比べてもコミュニケーションスキルが重要視されており、信頼される人柄であることが条件の一つと言われています。

 

多くの臨床開発はデータの収集も行いますが、そのデータもきちんとガイドラインや計画に沿っているものかも重要です。

 

中にはデータの取り方に不備があったり、問題が起きるようでしたらデータの精度を高めるためにも各位に折衝が必要な場合もあるのです。

 

製薬会社において臨床開発は競争相手が居る場合が多く、データも高精度でスピードも重要視されています。

 

臨床開発に転職するためにはまずSMO等でモニターの仕事で経験を積んだり、転職サイト等を利用して製薬会社の職がないか相談してみるといいでしょう。


このページの先頭へ戻る