製薬会社の仕事内容

製薬会社とはどのような仕事をしているのでしょうか?

 

様々な会社がありますが、基本的には製薬会社は経理や事務、広報等の組織のほかに、研究を主体とする組織、臨床開発を行う組織、品質保証・安全管理を行う組織、生産技術を担う組織、MRなどの営業を行う組織があります。

 

基本的に転職はそれほど多いものではないですが、MRなど新薬が開発できた時に一気に宣伝するためにプロジェクトチームを組むために求人を行っているときもあります。

 

製薬会社へ転職するためには様々な組織のどこかに所属することいなりますが、製薬会社が持つ薬品を届けるための一つの歯車として、やりがいを感じて仕事に取り組んでいる方が多くいます。

 

基本的には製薬会社に転職することは難しいと言えます。

 

現在製薬会社では臨床開発や営業などをアウトソーシングしはじめており、経営のスリム化と業務の組織の見直しが行われています。

製薬会社に就職をするために

その中で製薬会社に転職を成功させるためには製薬会社が人材を募集しているときにタイミングが合うことも重要です。

 

例えば、新薬開発は精密さも必要とされますが、世に出るまでのスピードも求められています。

 

同じ分野の薬を開発しているライバル会社があるならば、いち早く有効な成分を見つけ、開発を行い、生産をして世に送り出す必要があるわけです。

 

ライバルに勝つために人員を配備して急ぐこともあるわけです。

 

製薬会社の就職は主に新卒が多いですが、製薬会社に転職するためには、ヘッドハンティングされるような場合か、タイミングがポイントですし、すぐに力になるような現場力がある人が求められているようです。


このページの先頭へ戻る