研究開発職に就職する

 研究開発を行う場合、主に採用されるのは大学や院などで専攻が製薬会社に求められているものと合致していることが必要です。

 

例えば製薬会社だから薬学部などが就職に近いのではないかと思われますが、薬学全体の知識だけでなく、研究開発に必要なのは薬理研究であったり分子医学の研究であったり、発酵研究であったり、遺伝子解析だったりが必要になってきます。

 

理工学部や医学部、農学部なども製薬会社の研究開発職に就職する方が多くなっているのです。

 

転職で製薬会社の研究開発職につくには、まず、自分が行ってきた研究等がその製薬会社で求められているかが重要です。

 

新卒採用であっても製薬会社の研究職は倍率が高く、研究分野だけでなく大学とのつながりが必要とも言われています。

 

給料については製薬会社の規模により、中小企業の製薬会社の場合は研究職でも400万ほどですが、大手になるとやはり給料はいいようです。


外資系の製薬会社

中でも外資系の製薬会社は給料が高く、研究開発職でも管理職になれば1400万にもなるようです。

 

研究開発では管理職になると自分の担当する部分の研究をするだけでなく臨床開発との連携も必要になり、実験を申請するために様々な折衝や報告を行うなど人脈も広くなっていきます。

 

責任がある分だけに外資系の場合は給与に反映されやすいと言えるでしょう。

 

製薬会社の研究開発職に転職するためには医療系の専門サイトに相談するといいでしょう。

 

研究分野においてはライバル会社に知られると困りますから、求人が製薬会社から出されていてもすぐに専門サイトですぐにみられるわけではなく、外部には秘密にされて適性のある人にだけ特別に紹介される可能性があるようです。

 

タイミングがありますから、相談をしておき、希望の案件が無いかアンテナを張り巡らしていることが必要です。


このページの先頭へ戻る