製薬会社でのMRの仕事

一般的な企業で人材の出入りが激しい部署は営業ですが、製薬会社でも人材の出入りが激しいところは営業になるようです。

 

特に製薬会社では営業とは呼ばずMRと呼び、一般的な営業とは異なる営業実態が多々あります。

 

 MRは医薬情報担当者と呼ばれ、医療関係者から薬の情報を収集したり、情報を提供したりすることが主な仕事となります。

 

例えば自社の新しい医薬品の有効性や安全性等も情報提供しますが、それに留まらず、使用した医者により報告される副作用も収集し、自社や他の医療関係者にフィードバックすることが求められています。

 

MRは薬が売れれば良いというあり方ではなく、患者が最も健康であるために高い倫理観が求められている営業なのです。

 

製薬会社のMRに転職する方はいわば勝ち組ともいえ、営業部門がCSOにアウトソーシングされて、積極的な製薬会社の採用が控えられている現在、高い適性を求められ仕事も簡単ではありませんが、一般の営業の中でも高い平均収入が魅力となっています。

MRに転職するには?

MRは医療・医薬品関連の求人でも多くなっています。

 

しかし、アウトソーシングされているMRであることも多く、製薬会社のMRに未経験で転職するには難しくなっているようです。

 

製薬会社のMRになるためには、まずはアウトソーシングされた会社において働いてつながりを持っておくのもいいでしょう。

 

経験とスキルを買われて製薬会社に転職することも可能です。

 

まずは医療系の求人サイトでMRの求人を見てみましょう。

 

狙っている製薬会社があれば、非公開求人がないかどうかも調べてみることが大事です。

 

MRは理工系や医療系だけでなく文系の方が多く転職している職種でもあります。

 

医薬品を通して人のためになることをしたいと熱意があるなら、転職は不可能ではないでしょう。

 

参考サイト:女性MR転職 MR以外の仕事・転職先


このページの先頭へ戻る